重要なお知らせ

2021/06/21

当店からのメールをお届け出来ないケースが増えております。お手数をおかけして申し訳ございませんが、以下のドメインからのメールを受信出来るよう、設定をお願いいたします。 @moat-web.com メールアドレスおよび電話番号の入力ミスにはご注意くださいませ。

CATEGORY:
MIDA

MIDA Heavy Weight Long Sleeved Tee BLACK

販売価格
8,580円(税780円)
46
48
数量

ITEM DETAIL

商品詳細

- MIDA - ミダ

Heavy Weight Long Sleeved Tee

主役になるロンT
ヘビーウェイトの度詰め丸胴天竺を採用した長袖T。非常にしっかりとした生地感は『透け感ゼロ』で1枚でも安心して着られる仕上がり。もちろん、ヘビーウェイトだけがウリではありません、縫製の仕様、シルエットにこだわりを感じる1枚。このワイドボディで丸胴というのもちょっと嬉しいポイントです。

バランスの良いリラックスフィット
第一印象は、肩幅、身幅、そしてアームホールの太さなど、絶妙なバランスで仕上げられているロンTだな、と言う印象です。なんとな〜く、学生時代に初めて触れたアメリカのヘビーウェイトTを思い出してしまう、そんな懐かしさも感じるロンTです。ただ、なつかしいアメリカンなTシャツを復刻したというものではなく、生地のヘビーウェイト感はありながら、比較的ソフトな肌ざわりでアメリカンなザラついたヘビーウェイトとは少し違った印象です。シルエットに関しても、野暮ったさを残しつつ、現代的なリラックスフィットの要素も取り入れた、そんなボディバランス。

ネックライン高めとネックの仕様
そして、カットソーの紹介ではいつも言ってる気がしますが(笑)個人的に嬉しいところが、高めのネックラインです。 Vネックなど、ネックの前が下がったカットソーは私自身、あまり着ることがなく、詰まったネックの方が好きなんです。あとはインナーとして着用した時ににも前が下がっていて首がガバっと開いていると、なんかしっくりこないので。

さらにネックリブの太さもちょうど良い。世の中には様々な無地Tがありますが、ネックの仕様ひとつで大きく印象がかわります。アメカジスタイルには最も取り入れてもらいやすいのがこの仕様だと思っています。1枚で着た時だけでなく、インナーとして使った時のスッキリ感、アウターを邪魔しない仕様がこれなんです。厚みのあるフライスのバインダーネックなんかだとやっぱりちょっと主張が強くなってしまいますから。

とまぁ、個人的にはかなり好みの仕様の無地ロンT。実は、近いうちにゆったり目の無地ロンT、無地TをMOATオリジナルとして作ろうかなぁ、なんて考えていましたが、これがあれば十分かな、と思ってしまうほど好みの仕様です。継続して作ってくれたら良いなぁ。

サイズ感について
サイズ展開は46,48の2サイズ。このカットソー、とても面白いサイズ仕様になっています。というのも、2サイズ展開なのですが、その違いは着丈の違いのみ。46、48ともに身幅、肩幅などは同じなのです。172僉64圓了笋46を着用して、程よくゆったり感を感じるサイズ。ショーツとの相性も抜群ですので、ショーツスタイルでもぜひお試しください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

>>color
 ブラック

>>material
 COTTON : 100%

>>SIZE /肩幅/身幅/着丈/袖丈cm
 46(M-L) / 50cm / 57cm / 70cm / 58cm
 48(L-XL)/ 50cm / 57cm / 72cm / 58cm
 平置きで引っ張らずに測定しています。
 着用画像では17264圓46を着用しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 Made in Japan

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『MIDA』
イタリア・フィレンツェのブランドMIDAミダ。 遠くトスカーナの景色を一望できる小高い丘の上にひっそりとその景観を構えたアトリエ「MIDA design office」。
そこで生み出されるものは世代や国籍を超え、本物を知る大人だけのために贈られる上質なアイテム。 自己主張し過ぎず機能美を追及するが故の普遍的なファッションをコンセプトに物造りを通して、 トスカーナの心とライフスタイルを提案するブランド。

M.I.D.A.はある5人の固い結束によって誕生しました。 2011年初夏、彼等は新ブランド設立のためにフィレンツエ郊外のデザインオフィスに集い、 各自が敬愛する事柄について様々な意見を交わしました。 映画、音楽、アーティスト、イタリアと日本のファッションの相違についてetc、 そして彼らは互いに理解を深め、新ブランドの方向性について議論し、 コレクションの創作をスタートさせることに合意しました。

「ミリタリーホリック」・・・カジュアルファッションの原点でもあるミリタリーウエアのディティール、機能、トリム、ステッチワーク等を研究して歴史、伝統を感じさせるコレクションを創作すること。

「トスカーナリラックス」・・・・・素材感、カラーリング、フィットにイタリアのテイストをプラスして都会的でありながらリラックスした全体感をもつコレクションを創作すること。

様々なアイデアをセンス良く融合し、発信する注目のブランドです。