ART OF SOULE エスパドリーユ デニム×生成り

販売価格 6,380円(税580円)
購入数

38
39
406,380円(税580円)
在庫なし
41
42
43
- ART OF SOULE -  

『エスパドリーユ』

これこそ、本物のエスパドリーユと言っても過言ではありません。

15世紀から始まったという、フレンチ・エスパドリーユの生産。 その中でもフランス・バスク地方、モレオン・リシャール製はフレンチ・エスパの伝統を受け継いでいる大変稀少なエスパドリーユなのです。
その昔、フランス・バスク地方は一大エスパドリーユ生産地でした。 当時、エスパドリーユは一般生活から農耕に携わるワーカーや炭鉱夫など、沢山の人々に多彩な用途で親しまれていた生活必需品でハイテクな履物であったといいます。しかし今では諸外国の前衛的なエスパドリーユ(厳密にいうとエスパドリーユではない??)に押され、昔ながらのフレンチエスパの生産量は風前の灯。職人さんの数も100分の1以下まで減少しました。

それでも今なおその地域には当時と同じ方法で作る職人さんがおり、約100年前のミシンも稼働しているのです。 生きた化石という表現がぴったりかも知れません。

しかしただ古いから良いと言っているのではなく、柔らかい天然ゴムの軽い履き心地と、高い通気性は今の時代でも十分に活躍する快適性を持っています。

また、この地域のエスパドリーユの特徴として、見た目の美しさが挙げられます。 使用されるアッパーの生地(バスクリネン)には長い歴史のなかで洗練されたセンスの良さが光っているのです。
カジュアルスタイルから、スーツスタイルのハズシなどにも取り入れることが 出来るのは、きっとそのセンスの良さも大きく影響しているのでしょう。

春夏シーズンの定番アイテムとしてビーチサンダルの他に持っておいて間違いのないシューズです。
手軽に履くことが出来て、なおかつ大人っぽさもある。色々なコーディネートを楽しんで下さい。 飛行機内での着用や旅先での着用にもとっても便利です。旅のお供にもぜひ。

※エスパドリーユは、天然繊維であるジュート(麻)をソールに使用した商品です。ジュートは水が染み込みやすい素材ですので、雨の日や水場での着用はお控えください。

 フランス製

>>color
 デニム×生成り

>>SIZE
 38(24.0-24.5cm)
 39(24.5-25.0cm)
 40(25.0-25.5cm)
 41(26.0-26.5cm)
 42(26.5-27.0cm)
 43(27.0-27.5cm)
※着用モデル足の実寸長さ27僂42をピッタリジャストサイズで着用しています。ゆとりを持って履くなら43を選びます。馴染んでくると43は少し大きく感じます。ちなみにバンズは28センチを着用しています。

『ART OF SOULE』アートオブスール
フランス、バスク地方のスール(Soule)地域にモレオン・リシャールというのどかな田舎街があります。 サーファーには少し馴染みのある?ビアリッツから車で約1時間ほど走ったところ。ここはかつて、「フレンチ・エスパの一大生産拠点」として隆盛を極めていた町でした。 しかし20世紀後半になると、アジアや諸外国での廉価な生産背景に押され いわゆる「フレンチエスパ」の王道を極めたモレオン産は激減してしまいます。 デザイン面においてもバリエーションに富む諸外国のエスパドリーユのニーズが高まり 昔ながらのフレンチエスパの需要は少なくなっていったのです。

全盛期と比べると職人さんの数も100分の1以下になっているこのフレンチエスパですが 実は今でも約100年前とほぼ変わらない方法で生産されているのです。 2008年に二人のバスクっ子がこの伝統的なエスパドリーユに心を打たれ ブランドとして改めてチャレンジすることを決意します。 ブランド名には、地域名である「スール」をとって
Aat of Soule アートオブスール と名付けました。

昔ながらのエスパドリーユ、変わらないことで衰退していった生産拠点ですが 変わらず続けられてきたからこそ存在する「価値」も見出すことが出来たといいます。 実際に昔ながらのエスパドリーユを製造できる工場は本当に少ないそう。 アートオブスールの縫製に使われているミシンも約100年近く前のミシンだそうで このステッチングは他では見ることが出来ないとのこと。 これこそ本物のエスパドリーユと言っても過言ではありません。

Your recent history









Recommended