SALVAGE PUBLIC サングラス "MAKALOA" Tortoise

販売価格 10,800円(税800円)

SOLD OUT
- SALVAGE PUBLIC - サルベージパブリック

"KALA COLLECTION"

Salvage Public の
『KALA COLLECTION』
2018年からスタートしたサングラスのライン。
ハワイ語で The sun(太陽)という意味を持つ
Ka la から由来しているこのライン。

●信頼のクオリティ
彼らの考えるモダンなハワイアンデザインを
高いクオリティで実現するために選ばれたのは
メガネフレームの製作においては世界No.1とも
言われる福井県の鯖江市。
KALA COLLECTIONのフレームは
クオリティの高さで勝負が出来る鯖江市の
ファクトリーで仕上げられています。

今回MOATで提案したいのは
『MAKALOA』 というモデル。

大きすぎず、小さすぎず、
非常に良いサイズのウェリントン型で
面長の人でも丸顔の人でもすんなりと
抵抗なく着用いただけるシェイプです。

●良心的な価格設定
また、価格が10000円と非常に良心的な値段設定。
手に取ってご覧いただけると、
単なるファッショングラスではなく、
コストパフォーマンスの高さを実感いただけると思います。

●日常使いに最適なレンズ仕様
さらに、うっすらとカラーの入ったミラーレンズが
とても良い雰囲気ですが、
実はこのレンズはPCやスマホからの
ブルーライトを軽減してくれるPC対応のレンズ。
車、自転車の運転時など、特別な時間だけでなく
日常的にも使い易い仕様にアップデートされています。

●MAKALOA という名前は・・
最後に名前の由来を。
『MAKALOA』という言葉を二つに分けると
Maka(目)、Loa(長い)という意味。
「長い目」とはつまり
‟遠くまで見渡せる目”という意味が込められています。

また「Makaloa」は
絶滅危惧種のハワイ原産の植物の名でもあり
かつてハワイで生産されていた高級マットの原料。
そのマットは近海の中で
最高のクオリティだと言われていたことから
クオリティの高さ、クラフトマンシップも込められています。


>>COLOR
 FLAME: Tortoise
 LENS:Mirror(PC対応)
 ※うっすらと色が入っています

>>SIZE
 FREE
詳細サイズ
 レンズ横幅  : 51mm
 テンプル全長 : 145mm
 フレーム横幅 : 137mm
 フレーム縦幅 : 48mm
 レンズ縦幅  : 41mm

『SALVAGE PUBLIC』 サルベージパブリック
ハワイ生まれのサーフブランドSALVAGE PUBLIC。ハワイのローカルサーファーである Joseph Serrao、 Noah Serrao、 Napali Souzaの3名が2013年に立ち上げました。 彼らにとって生まれ育った大好きなハワイ。そんなハワイの伝統やサーフカルチャーを彼ら独自のフィルターを通して生まれるデザインが特徴。 現在最も注目されているハワイブランドといっても過言ではないブランドです。

Your recent history









Recommended